お問い合わせ:03-6233-7967

副都心線・大江戸線「東新宿駅」
B2出口すぐ

自費診療(各種注射・点滴)

疲労等の体調管理

体調コントロールイメージ

疲れがたまりやすい方、多忙で食生活が不規則な方、肌や粘膜が弱く日焼けしやすい方、重要な仕事や試験を控え体調をできる限り万全に整えておきたい方にお勧めです。
合う、合わないはありますので、点滴の可否や種類の選択については医師にご相談ください。

アリナミン注射

2,500円(税込)

アリナミンは体のエネルギーを作り出すために必要なビタミンB1を吸収されやすく作られた成分です。
食品から摂取する量には限界がありますし、吸収されにくいという特徴があります。
そこで、アリナミンを直接静脈に注入しビタミンB1を取り込むことで、疲れやすさを軽減したり、糖質の代謝を助けたりします。
ビタミンB1は糖質の代謝を助けるだけでなく、アルコールを摂取する機会の多い方にはとくに必須のビタミンです。食物から摂れる量はごく少量なので注射での補給はとても効果的です。

高濃度ビタミンC

3,000円(税込)

ビタミンCは日焼け後の肌の手入れに効果的として知られていますが、その効果はそれだけではありません。
高濃度ビタミンCを注射で静脈内に入れることで、免疫力を上げることや花粉症の症状の緩和にも影響しているとの報告もあります。
とくに高濃度で注射をした場合、抗酸化作用が美容の食物やサプリメントで摂取するよりも効率よく吸収されるのでお勧めです。
ビタミンCは水溶性ビタミンなので、摂取しても日々尿から排泄されて行ってしまいます。
食物からの十分かつ定期的な摂取が難しい方や、集中的に疲れや免疫力を上げたい方にはぜひお試しいただきたいと思います。

ビタミンC+B群ミックス注射

3,000円(税込)

ビタミンCとB両方を摂取することは、疲労回復や美容目的のみならず、体力が低下した際にできがちな口内炎など粘膜を守るためにも効果的です。
ビタミンCで肌の保護と免疫力を上げ、ビタミンBで疲労回復と粘膜を修復保護したい方にお勧めです。
※高濃度ビタミンCとは含まれるビタミンCの濃度が異なります。
高濃度のほうは、日焼け後の肌を保護し炎症を集中的に抑えたり、抗酸化作用による免疫力アップに有効といわれています。

花粉症・アレルギー注射

2,000円(税込)

花粉症やアレルギー性鼻炎等の症状が強い方に、症状が強く日常生活に支障がでてしまうような時期の注射を行っています。
炎症反応を抑えることで、症状の緩和を目的としています。

二日酔い/肝臓の機能が弱い方への注射

2,000円(税込)

二日酔い、飲酒量が多い、健診などで肝機能異常を指摘されることが多い方に。
肝臓は無言の臓器を呼ばれ、異常値を示していても自覚症状はよほど悪化しない限り出ることは珍しい臓器です。
けっして放置することなく、定期的に採血で肝機能の数値を見たり、この注射で肝臓の細胞を庇護することが必要です。
二日酔いのかたには、注射ではなく、点滴で水分も補給しつつお薬の成分を体内に入れることで、アルコールの排泄が速まり症状の緩和につながります。
※この注射はアレルギー症状(蕁麻疹など皮膚症状のかゆみのひどい方)への効果もあります。ご相談ください。

月経移動

旅行や大切な試験やお仕事に月経が重なってしまう可能性が高く、避けたい方のために、診察をした上で、ピルを処方します。
※持病等の関係で、処方できない場合もございますので、ご了承ください。

東新宿駅前耳鼻咽喉科・内科
住所
〒160-0022
東京都新宿区新宿7-27-12
コンフォリア東新宿ステーションフロント2F
アクセス
副都心線・大江戸線「東新宿駅」B2出口すぐ
JR「新宿駅」東口より徒歩15分
西武新宿線「西武新宿駅」北口より徒歩10分
JR「大久保駅」より徒歩15分
JR「新大久保駅」より徒歩10分
副都心線・丸の内線・新宿線
「新宿三丁目駅」より徒歩10分
電話番号
03-6233-7967
診療科目
耳鼻咽喉科 一般内科・小児内科
生活習慣病(高血圧・高脂血症・糖尿病)
アレルギー疾患(喘息・アレルギー性鼻炎・花粉症等)
頭痛(片頭痛・緊張性頭痛・肩こり等)
睡眠時無呼吸症候群 気管食道科
診療時間
スペーサー
内科・小児科診療時間
スペーサー 日祝
9:00~12:30 副院長 副院長 副院長 副院長 副院長
14:00~18:00 副院長 副院長 副院長 副院長
耳鼻科診療時間
スペーサー 日祝
9:00~12:30 院長 長嶺
(女医)
長嶺
(女医)
院長
14:00~18:00 長嶺
(女医)
長嶺
(女医)

大変申し訳ありませんが少しの間、耳鼻咽喉科の診察は月曜日午前、水・木曜日終日、金曜日午前のみになります。しばらくご迷惑をおかけしますがご了承ください。

終了間近の診察に関しては、しっかりと患者様のお話を聞き、検査・診断等を行っておりますため、18:00の15分前までにお入りいただけますようお願いいたします。